株式会社アーバンフォレストリーは樹木管理を専門とする会社です

樹木管理、高所伐採、樹木治療、アーボリカルチャー研修会、山林経営支援

2015.09.07

「菌(キノコ)と樹木の関係から森の成り立ちを解き明かす」

2015年10月4日(日) 菌類研修会を開催します

荒山林業のキノコ ~ベールに包まれた、樹木、森の姿を探る~

 

森を構成する樹木、動物、菌類。中でも樹木と菌類との関係は非常に密接な関係にあります。

菌類は森の分解者として森林生態の中で重要な役割を担っていますが、それは時として生きてる樹木を腐朽させ、枯死させる原因にもなります。

 

今回お招きする澤畠拓夫氏は、近畿大学農学部の准教授で、菌類生態学を専門とし、菌類と動物の関係についての研究の傍ら、野生動植物のガイド業に携わった経験もあるなど、森林全体を鳥瞰し、そこで起きている事象について、わかりやすく解説できる希有な研究者です。

 

県内でも希少な天然林施業を行ってきた荒山林業の広葉樹林を舞台に、澤畠氏と一緒に現地を歩きながら、菌類(キノコ)の観察を通して樹木と森の姿について考察していきます。

 

講 師:近畿大学 農学部 環境管理学科 里山生態学研究所

    農学博士 准教授 澤畠 拓夫 氏

 

日 付:2015年10月4日(日)

時 間:午前9時∼午後4時(昼休憩1時間)

場 所:長野県大町市 荒山林業

会 費:3,000円

服 装:フィールドワークができる服装

持ち物:お弁当

 

主 催:木訥で山居の会、(社)森林風致計画研究所

   (株)アーバンフォレストリー

共 催:日本樹木医会長野支部

 

お申込み、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

Email:info@urbanforestry-japan.com

担当 吉見

 

TOP

お知らせ

2015年10月4日(日) 剪定講習会のお知らせ

 

Copyright © 2015  Urban Forestry co.,ltd  All rights reserved.

・プライバシーポリシー

・リンク